2012年08月05日

近況

えーと、Blogではすっかりご無沙汰しておりました。

盛岡から東京に出てきて11ヶ月。
もうすぐ1年経つのかぁ。

昨年の今頃は、引越しの準備とか家族との時間をたっぷり作って、とか、とにかく久しぶりの長い休みを満喫していた気がします。
とりあえずまぁこの11ヶ月は本当にいろんな事がありましたが、楽しく仕事させてもらっているし、楽しく生活させてもらっています。

夏休みという事で、8/13から一週間程休むんですが、今回は盛岡へは帰省せず、家族を東京に呼んで、親子3人水入らずでたっぷり遊ぼうと思っています。
妻も息子も大変楽しみにしているようです。

でも、どこに連れて行ったらいいか悩むんですよねー。
東京だとどこに遊びに行くのでもお金はかかりますからねぇ。
息子は品川駅近くのEPSONアクアスタジアムでイルカショーを見たいらしいし、あとは羽田空港や電車に乗って、最終的には東京ディズニーシーに行きたいんだそうで。
うーむ、なかなかハードだぞ・・・。
他にも家族で楽しめそうな場所を調査しておく必要がありそうです。

それにしても東京の夏は暑い!
いや、盛岡だって夏はそこそこ暑いんですが、東京の暑さは、なんというか「気持ち悪い」んですよ・・・体力だけでなく心も削られるような暑さ・・・。
うーむ・・・。

最近弁当を作る事にしています。
お昼は作った弁当を会社で食べる。
量は少なめで、冷凍食品が主になっているのですが、おかげで1ヶ月半続けて体重が2.5kg減りました。
あとは筋力を少しずつ付けるようにしていって、かな。
夜の炭水化物も減らす(いや、たまにラーメンは食べるのですが、たまに、ね・・・)ようにしてるので余計にいいのかも。
夜に食べ過ぎると睡眠があまりよろしくないようで、夜に量を食べないようにしたら結構調子がよくなってきていますね。
まぁ暑さでやられてるのはその通りなのですが。

まぁそんなこんなで、とりあえず元気にやっています。はい。
posted by ぎじん at 18:21| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

松本竣介展

GW中に久しぶりに岩手県立美術館へ行ったのでメモ。

岩手県立美術館って実はそんなに何度も足を運んでいなくて、今回が多分二度目。
一度目はピカソ展。
とても空いていて、ゆったりとひとつひとつの作品を見ることが出来て、美術館になるだけ行きたいなぁ、と思ったものでした。
私は音楽以外の芸術には本当に疎いもんで、絵画を見ても「ふーん」としか思えないような人だったりします。
でもこのピカソ展はかなり楽しめました。
だからといって絵画を見ることが好きになったわけではないし、彫刻にしても何にしても、あまり心惹かれなかったり。

で、今回もあまり(実は)気乗りしてなかったのですけれど、ルーブル美術館の展示物の一部を被災地の美術館で輪番展示みたいに公開するらしく、たまたまこの連休中に岩手県立美術館で公開されていたんですよ。
妻がこういうの好き(妻は絵画が好きなのです)だというのと、私も歴史的資料価値の高いものをこの目で見ることが出来る、という事にロマンを感じて(笑)、行きました。

ルーブルが目当てでしたが、その時たまたま開催されていた「松本竣介展」もついでだから見ようか、と見てみたわけですが・・・これがもう感動しちゃって!!!!
岩手が生んだ夭折の天才画家、らしいのですが、失礼ながら私はお名前を存じ上げませんでした。
とてもたくさんの絵画がストーリー性を持って並べられたその展示空間は、私にとってはルーブル美術館展よりもずっと貴重なものに思えてなりませんでした。
いや、もちろんルーブルも良かったんですよ。
古代エジプトの出土品とか、ルイ14世のコレクションの一つが見れたりとか。
完成された美、とでもいいましょうか、確かに美しさの極地、と言いたくなるくらいに見事なものが並んでいました。
あの「曲線美」はエロスすら感じますね。

それとは全く対極な松本竣介展。
直線の織りなす繊細さと力強さの共存。
それらに立体感と深みをもたらす「青」。
この方はこの「青」が独特の雰囲気を生み出しているんですね。
(実際この人を語る上で「青」というのは外せない要素との事)

そして何よりこの人は「常に未完」であったのでは、と。
とにかく作風が変わりまくります。
短い生涯(36年)のなかで、ここまで変わりながら、それぞれで果敢な挑戦をしていて、なおかつそれぞれで自分のスタイルを確立するところに至る、というのは本当に凄い。
実験的な作品も数多くありました。
人物画ではどんどん対象が中性的に変わっていくし、突然自画像を多数書いたかと思えば、家族を書いた絵も存在したり。
自分の子供が描いた落書きをモチーフにしていく辺りでは、自分のトレードマークとも言える青を使う事で、立体感や躍動感を生み出そうとしていたりして、子供の描いた絵に秘められた何かを掘り起こそうとしているかのようでした。
また戦時(幼少の頃に聴力を失ったため兵役免除)にはあえて空襲の多い東京へ残り、戦後にはその中から芸術協会を立ち上げようと苦心する。
戦後の作風も大きく変わり、青い色ではなく、なんというか赤茶を基調とした焼け野原を描写していく様には、作品を通して戦後の焼け野原の美しさを表しつつ、戦争という野蛮な行為そのものに対しての怒りも見え隠れしているように思えました。
(戦後の焼け野原の美しさ、については氏自身がそのように語ったとされ、ただし戦争で亡くなった人たちの事を思えばそんな事は軽々しく口には出せないことは承知している、という前置きの上で「それでも美しい」と表現されていました)

それで。
この展示を見ながら思うのですが、もちろん松本竣介自身の絵の力による感激もありますけれど、こうした「展示」は、いわば作者の「点」ともいえる作品を、展示する順番などを苦心しながら我々見る者の「動線」でつなぐ、という行為があってはじめて伝わってくるのだな、と。
点だけで彼の人生すべてを語ることは出来ないわけで。
これこそがいわば美術館における学芸員の仕事であるのだ、と妻に教わりました。
なるほど。

そして最後の最後。
戦後の彼の赤茶の絵画が並んで、最後の最後、一枚が小さな青い絵で終わっていました。
この青い絵が何を表しているのか、細かい注釈はどこにもありませんでしたが、これこそは学芸員のメッセージであるのでは、と。
一点この青い絵が出てきたおかげで、私はここがこの展示の最後である事を理解したし、全体をぐっと締めてくれたと思っています。
それだけでない何かがあったのかもしれません。
言葉に出来ない何かを感じ取った気もします(し、感じ取れなかったかもしれません)。
いずれ、最後の一枚をもって、私は松本竣介の人生に深く立ち入りながら、現実へ戻ってこれたのでした。


美術館、面白かったなぁ。
日常の中の非日常、という意味では、音楽と通じるものがありますね。
俄然絵画に興味が湧いてきました。
描く、というのにはあまり惹かれませんが(笑)、東京にせっかく出てきてるんで、ちょっといろいろ巡ってみたいな、と思わされました。
posted by ぎじん at 09:05| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GW

今年のGWは長期。
4/27の夜に新幹線で盛岡へ帰り、28〜5/6まで。
5/1,2に休みを取ったのが一番大きいかな。
9連休なんて社会人になってから・・・と思ったら、そういえば転職する際に2週間ほど休み取ったんだった。
でもまぁあれは引越し準備とかでバタバタしてたし。
年末年始も休めたけれど、年末年始って「休む」というよりはバタバタすることが多いので。

そういう意味ではとても長い休み。
ゆったりと休みがとれて本当に良かったな、と。

とにかく妻子と出かける日々でした。
行ったところだけ列挙すると
<妻子と>
・遊園地(岩山パークランド)
・乗り物公園
・盛岡手づくり村
・高松の池(花見)
・映画(スーパーヒーロー大戦)
・東京インテリア
<妻と>
・carta(盛岡のカフェ)
・川徳(盛岡の百貨店)
・M'sExpo(書店・CD/DVD・文具店の複合施設)
・岩手県立美術館
・イオン
<息子と>
・交通公園
・近所の公園

1,2日は息子が小学校へ行っていたので、その時間に久しぶりに妻と二人で出かけました。
半年前に引越し手伝いで東京に来てくれた以来の二人の時間でした。



振り返ってみて思うのは、転職して東京で一人暮らしをはじめて7ヶ月くらい経つのですが、それなりに疲れてたんだなぁ、という事。
今回の長期の休みでは、良くも悪くも仕事の事をなるだけ考えないようにして、家族と向きあう事を心がけました。
まぁそれでもちょくちょく仕事の事が頭をチラつくわけですけれど、それでもここまで仕事の事を考えない期間を長く持てたのはちょっとあまり記憶にないかなー。

とにかくこのGWで身体のむくみが取れました(笑)。
一番は食事なんですね、きっと。
三食をきちんとした時間にバランスよく食べる。
何よりも「腹八分」でおさめる。
夜に晩酌も何度かしましたけれど、それでも体調はすこぶるよろしい。
東京戻ってからの生活スタイル、見なおさなきゃなーwww

まぁ一人暮らしのストレスもあるんですよね。
それは否定しません。
なにしろ食事は作ってくれる、洗濯はしてくれる、掃除はしてくれる、ですからねぇ。
妻には感謝してるつもりなのですが、今回はその偉大さを改めて思い知らされました。
うー、9日ぶりに帰る東京の自宅がどういう状態なのかを思うと(苦笑)・・・。

なんにしてもとても有意義に過ごせた9日間でした。

さて、東京にいよいよ戻るわけで、戻る新幹線のなかでこれを書いてるわけですが、月並みながら「健康第一」で出稼ぎ頑張りますです、はい。
posted by ぎじん at 09:02| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

ぎじんオケを終えて

あれ、3月ももう終わるのか・・・あっという間の2011年度。
いよいよ2012年度なのね。

で、3/25にぎじんオケの演奏会をやりました。
演奏会、っていうにはまたちょっと不思議な感じなんですが・・・。

ある日、Twitterで酔っ払って「ブラームスの2番が指揮したい」ってつぶやいたら、翌朝にはオケが出来てた、という話がありまして。
ブラームスどころかシューマンもやる事になり(何故か)。
両作曲家の交響曲第2番を、午前練習午後本番、という文字通り「一日でやっちゃう」オケ演奏会でした。

経緯はこちらをどうぞ。
http://togetter.com/li/217393

http://togetter.com/li/217466



演奏会と言いつつも、会場がオペラシティの地下大リハーサル室だったもので、電波も入らず入場制限もガチガチで、とりあえずまぁみんなで合奏を楽しんだ、という感じですかね。



で。
ほとんどの皆さんが私は「はじめまして!」だったんですよ。
なので、数日前から緊張しちゃって・・・。
前日なんてほとんど眠れなかった・・・。


当日、実際にあつまってみて、皆さんの顔を見ながらまずシューマンの練習。
4楽章を通してみたら、なんと通っちゃった!
みんなこの曲が好きなんだなー、というのと、とにかくみんな上手なんですよね。
すげーなーみんな。

それにしても時間が無いw
90分練習出来た?出来てない?そんな感じで終了。
一楽章なんて一回通して「じゃ、あとは本番よろしく!」ですよwww

次はブラームス。
これは一楽章から順番にやってみる感じ。
で、やっぱり4楽章で時間が足りないwww


もうね、指揮してるこっちも一生懸命!
汗だくになりながら、力入っちゃってついつい・・・。
(シューマンとブラームスの間で左足からお尻にかけてツッちゃって・・・痛かった・・・)

お昼ごはんを食べようと思いつつ、全然食欲が出ず、おにぎり1個。
あとはレッドブルでドーピングwww


さて本番。
シューマン。
チューニング終えて指揮台に立ってみたら演奏者から拍手をいただく。
なんか不思議な感覚www


レッドブルが災いしてか、冒頭のテンポが自分でも変に速く振り出してしまい、金管と弦楽器の間にテンポの溝を作ってしまう。
これは完全に指揮者の私のせいでございます・・・ごめんなさい。

事故はいろいろありつつも、なんとか止まらずに曲が進むし、ちゃんとこちらの意図を汲んでくれる演奏者の皆様。
どんどん楽しくなってくる(笑)。

1楽章は尻上がりに良くなっていく感じでしたね。
やっぱりちょっと硬かった冒頭から、どんどん音楽が前に向いていく感覚。
ワクワクしながら指揮してました。
いやー、本当にいい曲だなー。

2楽章、テンポの切り替わりがうまくいっていないのは完全に棒の責任です。
皆さんの責任じゃないので。
でもこれ、本当に止まらずに音楽が進んで良かった!!!

3楽章に入って。
3楽章を指揮しながら、なんというか、音楽に入り込む瞬間が何回かあって、猛烈に感動しちゃって、自然に涙が出てきて。
指揮しながら感動したのは、ベトプロで田園を指揮した時以来かな。
振り終えた時に猛烈に感激して涙が出てきたのを思い出した。
今回シューマンの3楽章でそれをものすごく感じて。
汗なんだか鼻水なんだか涙なんだかよくわからず、ぐしゃぐしゃになりながら指揮してました。

4楽章に入って、みんなが本当に楽しそうで。
かくいう自分も楽しくなっちゃって。
最後大振りしすぎて意図してないところでテンポ緩めちゃってラストのティンパニの入りに影響を与えてしまったのも私の責任。
あぁごめんなさい本当に・・・。

それでもラストに向けてシューマンが思いの丈をぶつけていく感じが曲から感じ取れて、みんなの気持ちも盛り上がっていくのがわかって、これまた泣きそうになったなー。
素晴らしい時間!!!!
本当に楽しい時間でした。
シューマンという作曲家の心の部分に、ほんの少しだけ触れられた気がしました。
皆さんブラボー!



長めの休憩の後、ブラームス。

この曲は本当に大好きだったんですけど、自分が指揮するなんて本当に考えてもいなかったから、スコアを読み始めた時には困惑。
ブラームスのスコアって、複雑なんです、なんか。
シューマンの方がスッと自分に入り込んでくるのに、ブラームスのスコアは、読んでてもなかなか自分に入り込んで来ない。
何度読んでも「???」と。
オーボエでこの曲をやった事はあって、その時はそんな風に思わなかったんだけど、なんでなんだろうか。

それでも読んでいくうちにだんだん「あー、こういう事か」と理解が進んで、ようやく指揮出来る気がしてきましたね。

で、本番。
木管とホルンのメンツがガラリと変わり、金管のローテーションも変わってます。
弦楽器もプルトやパートの変更があったりして、これまたちょっと新鮮な気分で。

1楽章、テンポを速くする事でヘミオラを強調するという事をやりたかったのですが、やっぱり後で録音を聞き直すと、速いが故に失われている部分もいくつかあったりして、これはまだまだ自分の研究の足りなさだなぁ、と反省。
でも、こういっちゃなんですが、良い演奏でした。
長い一楽章、しかもリピートする、というのは結構たいへんなのですが、ちゃんと音楽が呼吸をしていた、と自負しています。
気持よかったし、楽しかった。
2楽章は指揮出来るかどうかが不安な楽章でしたけれど、なんとか気持ちも棒に乗せれたし、振り間違えた箇所はいくつかあるけれど(笑)、事故に繋がらなかったので良かった事にします(笑)。
3楽章も少し速めのテンポでしたが、ちゃんと雰囲気が出ていました。
素晴らしい。
途中のテンポ変わるところがどうなるか、と思いましたが、乗り切りましたね。すばらしい!

4楽章ですねぇ・・・いやー、楽しかったのですすみませんwww
かなり強引なテンポ設定もあったり、指揮者が熱くなりすぎて演奏者が力んでしまう、という部分はあるにせよ、私はとにかく楽しかったです!
この楽章を指揮出来るだけでも、個人的にはものすごく嬉しかった!
もう最後はどうやって指揮してたかも全然覚えて無いwww

(いちろーさんがiPadで録画してた「指揮者カメラ」にも、ブラームスの4楽章は入ってない)


こうして、バタバタとしながら本番を終えたのでした。
もうね、クッタクタwww
全身の筋肉痛は木曜日まで続いてましたよww
(それは筋肉痛じゃないのでは?とかいう話もあるけれど)


集まっていただいた皆様のおかげ。
私はただただ皆様の演奏に、気持よく指揮棒を合わせて振ったというような状態です。
一生の思い出。
ありがとうございました。

考えてみると、世界でも多分いないんじゃないですかね。
自分のツイートでオケが出来て、人が集まって演奏までやっちゃう、なんて。

ある意味で一番インターネットの恩恵を受けている、そんな人間なのかもしれません。


関わった全ての皆様に感謝。
もう次は無いと思いますが、またどこかで皆様とご一緒出来るのを楽しみにしております。

ありがとうございました。
posted by ぎじん at 00:17| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 所属団体ネタ(WTB、ベトプロ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

一年が経って

はぁ・・・。

やはりこの事について書かなければいけない。

あの震災から一年経った。


まさか未曾有の大災害が、自分の生まれ故郷に起こるとは思わなかった。
ずっと「いつかこの地が有名になる日がくるといいな」と思っていたが、こんな形で世界的に有名になるとは思わなかったし、こんな形で有名になってほしくはなかった。

生まれ故郷の岩手県大船渡市にしても、隣の釜石市や陸前高田市にしても、子供の頃に過ごした、記憶に刻まれている街並みが、ごっそり何もかも無くなってしまったあの日の事は、今でも覚えている。


3/11のtwilog
震災当日。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110311/asc-nomen


3/12のtwilog
少ない情報の中、iPad3Gで集めた情報などで発信も。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110312/asc-nomen


3/13のtwilog
少しずつ状況がわかりはじめた(電気が通った)ので実家の話に触れだす。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110313/asc-nomen


3/14のtwilog
自転車で出勤。この日、中三盛岡店でガス爆発。爆発後少ししてから前を通ってる。
そして大船渡の母と電話で会話出来た日。本当に良かった・・・。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110314/asc-nomen


3/15のtwilog
被災地情報をツイート。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110315/asc-nomen


3/16のtwilog
自粛ムードが出始めていて、それに対しての反論とか。あと宮沢賢治の「雨ニモマケズ」をツイート。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110316/asc-nomen


3/17のtwilog
被災地に入った人からの話などが入りまくっていて、その話も含めて状況をツイート。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110317/asc-nomen


3/18のtwilog
一週間後。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110318/asc-nomen


3/19のtwilog
震災以降、妻に「なんか精神的におかしいよ」と指摘を受けてる。ツイキャスで安否知らせたのがこの日。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110319/asc-nomen


3/20のtwilog
粒オケの人たちによる「贈るブラ1」を会社で見た日。そしてこのまま会社泊まりこみの作業だったが、余震が来てすげー焦った。
何しろビルの中に自分が一人(しかも6F)という状況だったから・・・崩れたらヤバイかも、とか思ったもん。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110320/asc-nomen

3/21のtwilog
徹夜あけで、とりあえず朝ラー出来るくらいには元気に(元気なのかこれは?)。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110321/asc-nomen



ちょっと飛んで。
初めて被災地である大船渡市に行った時のツイートがこのあたり。
4/2のtwilog
http://twilog.org/gijin_ob/date-110402/asc-nomen

4/3のtwilog
http://twilog.org/gijin_ob/date-110403/asc-nomen

4/4のtwilog
http://twilog.org/gijin_ob/date-110404/asc-nomen




4/6のtwilog
http://twilog.org/gijin_ob/date-110406/asc-nomen
中程にベトプロメンバーの楽器流されちゃった件についてちょこっと呟いてます。

そして4/7にまた大きな地震。
4/7のtwilog
http://twilog.org/gijin_ob/date-110407/asc-nomen
この日の最後のツイートで触れてます。

4/8のtwilog
地震のために呼び出しがあり、停電の中、妻子を置いて真っ暗(信号もつかない)な盛岡市内をゆっくりと会社に向かったのを思い出す。
あの日、不安がる二人を残して行かなければいけないというあの申し訳なさは、一生忘れないと思う。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110408/asc-nomen


でもって4/17には大船渡市で行われた復興コンサートにも出ましたね。
4/17のtwilog
http://twilog.org/gijin_ob/date-110417/asc-nomen



で、4/25には震災後初の東京出張。
新幹線が直通じゃない状況で、乗り継ぎで行くんだけれど、仙台駅で足止め食らったのを思い出す。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110425/asc-nomen


さらに、4/27に帰る予定が、新幹線がまた泊まって、東京にもう一泊した話。
http://twilog.org/gijin_ob/date-110427/asc-nomen




なんかまとめようと思ったけれど全然まとまらない。
結局、何一つ終わっていないから。
本質的には一年前となんにも変わっていない気がしている。


少なくとも、来年の今頃は、もう少し軽い気持ちでこの日を迎えられますように。
震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
posted by ぎじん at 03:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。