2011年01月01日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。
今年は都内のホテルで一人年越し。
結婚して初めての事だが、出張先の土地で迎える新年、ってのも初めて。

でもまあ、おとそ気分なんぞにならず、戦闘モードに入れる、ってのは逆に良い事かもな。

そんな訳で、今年も我が家の家訓通り、明るく楽しく元気良く生きてまいります。
どうぞ皆様お見捨てなきようにwww

では仕事へ出発!
posted by ぎじん at 08:45| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

さよなら2010年


おっと、気付けばもう大晦日。
年末年始の感覚もほとんど無いままに、もう大晦日。

今年最後のゆったりしたお休みは、30日で終了。
大晦日は夕方から移動して、東京入り。
さすがに結婚してから年越しを独りで、というのは初めてだなぁ。
そのまま、1/1、2と東京でお仕事。
割と1/1に仕事したりした経験は結構多いのだけれど、さすがに出張ってのは初めて。
まぁ貴重な経験、って事で。


今年を振り返ってみるに、まさに激動の年。
自分の中での大きな出来事は、亡き父の年齢を超えたという事。
父は私が2歳半の頃に、くも膜下出血で35歳で亡くなりました。
そして月日は流れ、私自身が35歳になり、そして父が生きた日数を4月上旬に抜きました。
これは自分の一生涯の中でも、特別な出来事。
これが故に、今年は「激動」と自分の中で位置づける事が出来る年となりました。

他にもいろいろ。
頚椎ヘルニアになってしまったとか。
仕事がなんだか楽しい事に(笑)なったとか。

音楽で言えば、ついにベトプロが折り返しを迎えた、という事。
ついに第5番を終えました。
のこり4曲。
次回6番「田園」は3月に行われます。

頚椎ヘルニアになった事もあり、仕事が忙しくなっている事もあり、オーボエ吹きとしての活動は縮小。
オケ奏者としての活動は、基本的にはもう辞める事にしました。
どこかのオケに入って活動する、というのは難しいし、客演依頼をいただいても練習に参加出来ず。
なにより、長い時間楽器を吹き続ける事が(今は)困難であるわけで。
まぁ時間が作れるようになったら、ゆったりと考えるとして、今はとにかく楽しくオーボエという楽器を吹き続ける事が、自分にあった演奏家としての生き方なのかもな、と思っていたり。
それは指揮においても同じ。



なんにしても、まぁ年が明けてからもまだまだ激動の予感。
来年はうさぎ年、あ、年男かー(笑)。

いずれにせよ、喜怒哀楽が詰まった一年が終わり、さらなる喜怒哀楽が待っている(かもしれないし、待っていないかもしれない)新年がすぐそこに。

本年も大変お世話になりました。
皆様のおかげで、我々家族皆、そこそこの試練とそこそこの幸せを噛み締めることが出来ました。
来たる年も、皆様のおかげで楽しく生きて行こうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします(笑)。

よいお年を!!!!!
posted by ぎじん at 02:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

ホワイトすぎるクリスマス


気づけばもうクリスマスが終わってたりする今日この頃。
この記事の執筆時、実は泊り込みで会社におりまして・・・。
例年この時期(あと夏にも一回ね)、会社に泊まりで作業をする日が出てきます。
もうそんな時期なんだねー・・・


・・・と思ったら、とてつもない雪ですよ!!!!
執筆時(12/26 4:30)には40cm以上積もっております。
こりゃーまずい。
妻子は実家に帰ってて、明日の朝に帰宅したら、徹夜分ぐっすり眠る予定なのですが・・・帰ったらソッコーで雪かきしないと家に入れん・・・。

そもそも頚椎ヘルニアの痛みが再発してて、痛み止めを飲みながら、という状況なんですよねぇ・・・。
こんな時の、徹夜明けの・・・雪かき・・・いやぢゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!


・・・とも言ってられず、まぁ帰ったらやりますよ、はい。



それにしても、今年はクリスマスイブからクリスマスにかけて、も結構降りました。
ホワイトクリスマス、っていえば聞こえはいいのですが、吹雪いてましたからね、盛岡。
外歩くのに、傘の意味ない(全身真っ白)くらい吹雪いて、まさに「ホワイトアウト」状態(苦笑)。
ホワイト(アウト)クリスマス・・・笑えん・・・。



そうそう、那音のクリスマスプレゼントなおはなし。

12/24に仕事を終えて自宅に帰ってみると、息子がニヤニヤしながら私のところへ近づいてきて・・・

「きょうさー、

ぐふっ、

いい子にさー、

むふふっ、

してたんだよねー、

ぐふふふっ、

もしかしたらさー、

うふふっ、

サンタさんさー、

ぐふふふっ、


くるかもねー、


むははははっ」


ってwww

おもしろすぎる!!!!



しかし、そんな息子、実はサンタさんが怖い(笑)らしく、ねる時も
「お、おねがいだからパパもママも、なおとのそばをはなれないでねっ!!!!」
って半べそかきながら眠りましたwww


眠りを確認してから、パパサンタがAmazonより仕入れたプレゼントをこっそりとベッドの脇に置き・・・。



・・・で、朝。



むっくり起きた那音。
妻が「サンタさん、きてるかなー???」と言ったら、むっくりと起き上がり、そのままベッドの脇のおもちゃに気づく。

そして、ほとんど無表情で・・・

「・・・きたんだ」


ヲイ!!!!!!
そこはそういうリアクションかよっ!!!!

まぁこっちはその表情があまりに可笑しくて、笑いを堪えるのに必死でした。


で、無言で箱を開けて、無事におもちゃで遊びまくったとさ。


無事に今年もサンタの役割を終えたわけですが、いつかはサンタの正体がパパである事に気付くんだろうなぁ(もう気付いてるとか???)。
それはそれで、さみしいなぁ、と思った今年のクリスマスでしたとさ。





posted by ぎじん at 04:35| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

あれ?もう12月だっけ?

2010年早過ぎるってばっ!

あっという間にもう2011年が目の前だったりする今日この頃。
今年の夏は暑いなー、とか言ってたのって、つい先月だったんぢゃね?というくらい時間の進みが早いです、今年。

でも否が応でも今朝の盛岡の雪&道路の混み具合を見たら、今が冬である事から目を背けられませんな。
ってかなんで盛岡は雪が降ってもみんな自転車乗れるんだ(笑)。


なんだか今年はバタバタと過ぎていく感覚。
週の半分は外に出てるし、家族はみんな体調崩す(とくに今週は大変だった・・・妻も倒れて、息子も高熱、中耳炎・・・それも片耳ずつだっ!)し。
クリスマスの夜は職場に泊まりでお仕事。
年末年始も東京出張(12/31は一人寂しく某所のホテルで年越しでっせ)だし。

とか言いつつ、ちょっとこの忙しさが「充実」と感じている自分も居たりして。
そう思えてるうちがいいのかもなー。


いろいろ思うところはある仕事だし、最近音楽系の話題をほとんど考えられてない(ベトプロ、ちょっと放置気味・・・やばいっ!)状況だったりもするのだけれど、まぁそれもひっくるめて今は本当に「働き盛り」なのかもなー、とか。


振り返ってみたら、今年一年は本当にいろんな出会いがあり、自分自身、自分の置かれた立場、自分の役割といった部分が大きな転換点にいる、そんな年だった気がします。
来年はもっと劇的・・・なのかなぁ。
どうなるかは神のみぞ知る(笑)。



とりあえず、寝るか・・・。
posted by ぎじん at 02:19| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

近況

えーと、全然Blog更新してなかったので、近況報告をば。
って、Twitterでは結構ツイートしてるんで、そっち見てればまぁなんとなくわかるのですけどねwww

http://twitter.com/gijin_ob


えーと、まずですね、仕事がヤバいくらいに盛り上がっておりまして(いい意味でも悪い意味でも)、日付変更線との格闘生活に入っております。
かくいう今日も、結局職場だったりするのですがまぁそれはさておき。

こんな状況なので、せっかく良くなりかけていた頚椎ヘルニアとか頚椎変形による首や肩の痛みも、若干再発気味です。
むー。

それでも加圧トレーニングなんかを駆使して、ひどい時は抜けております。
やっぱり鍛錬は大事だよなぁ、とか。

一応11月末あたりにちょっとした講演(というか、スピーカー)をやる予定。
そっちの準備もしなきゃなぁ。


音楽活動の方は、11/7に北上フィルさんの演奏会に参加します(オーボエで)。
http://kitaphil.web.fc2.com/

■日時 2010年 11月 7日(日)14:00開演
■会場 北上市文化交流センター さくらホール 大ホール
■曲目
  歌劇「イーゴリ公」序曲(A.ボロディン)
  ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op18(S.ラフマニノフ)
  交響曲第3番「英雄」Op55(L.V.ベートーベン)
■指揮:田久保 裕一 ■管弦楽:北上フィルハーモニー管弦楽団

イーゴリは1st、残る2曲は2ndです。
英雄はベーレンライターではなく、ブライトコップフ新版。
しかも自筆譜や初版譜なども参考にされているようです。
(だからといってピリオド奏法とかではありませんよ)

あまり練習に参加できていないのですが、なんとかご迷惑をおかけしないように・・・。
お暇のある方、お気軽にお越し下さい。
チケットは前売り800円、当日1000円(高校生以下入場無料、未就学児はご遠慮ください、とのことでした)。


で、オーボエの本番はとりあえずこれしか決まっておりませんけれど、ライフワークの「ベートーヴェン・プロジェクト」(ベトプロ)のほうは決まっております。

■日時 2011年 3月 6日(日)14:00開演
■会場 都南文化会館大ホール(キャラホール)
■曲目
  ピアノ協奏曲第6番(Vn協奏曲の作曲者自身による編曲版)
  交響曲第6番「田園」
  (以上、ベートーヴェン作曲)
■指揮:佐藤義仁 ■独奏:桜野杏里
■管弦楽:ベートーヴェン・プロジェクト・オーケストラ

入場無料ですのでどうぞお気軽に(まだ先の話だけど)。


で、実はまだ一度も練習しとりませんwww
さらに言えば、大多数の楽譜はまだ私の手元にあったりしますwww
練習会場もこれから、日程もこれから、メンバー確定もこれから・・・ま、なんとかなるでしょうwww


あとは、今年度出来るかどうか微妙なところですが、Twitterを起点に始まっている(まだ始まっていない?)粒オケスピンオフ企画「HINKEなう!!!」演奏会。
これ、もう少し余裕が出来たらちゃんと考えなきゃなー。



他にもいろいろここには書けない(笑)予定がいっぱい詰まっているわけですが、まぁ楽しく充実した日々を過ごしておりますのでどうぞご安心をwww
posted by ぎじん at 23:21| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

mixiと統合

えーと、mixi日記をやめてすべてこのBlogに統一しました。
これで日記の投稿はひとつで済む!!!

とかいいつつ、最近はすっかりtwitterばかりでblogはおろそかになってましたけどね・・・。


相変わらずせわしなく生きております。
無事ですwww


もう少ししたらベートーヴェン・プロジェクトが本格始動しますんで、関係者の皆様、どうぞよろしくです〜!
posted by ぎじん at 08:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

東京出張

今日はこれから東京出張。
暑そうだなー。
某メーカーで午後いっぱい打ち合わせ。
そして夜はそのまま飲み。
今回は単独行動じゃないんで、少し今までとは勝手が違います。

明日は午前に別のメーカーに顔を出したら、午後は某セミナー。を受講。
その後盛岡にある戻って、土曜は息子としっかり遊びます。
そして日曜は北上フィルさんの指揮者練習参加です。
で来週は車で東北道を北上する出張が二つ。

うーん、タイトになってきたw

ってかオーボエの練習はいつするんだ?
あ、オーボエもってくるの忘れた!
出張先で時間見つけて練習しようと(ほんの少しだけ)思ってたのにwww


ということで、元気でやっとります。
posted by ぎじん at 07:58| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

加圧トレーニングいってきました!

昨日の音楽活動復活宣言を口だけにしないためにも、肉体改造に取り組むことにしました。

昨日のTwitterでのツイートで、会社の後輩が「加圧トレーニングおすすめです〜」というので、早速昨日いってみました(笑)。

詳細は
http://www.kaatsu.com/web/index_jp.html
をみてもらうとして。

いずれ、週に1〜2回、一回あたり30分弱の軽い(実際加圧してなかったらメチャクチャ軽い)運動をするだけで肉体改造できる、というもの。
まさに夢のようなトレーニング!


で、早速予約を入れて(会社の帰りに通える場所なんです)、とりあえず話を伺う事に。
御夫婦でやられているところで、加圧トレーニングのインストラクターは奥様が(昨日は)されてました。

最初ということで、昨日は体験。
右腕と左腕で違いをみるために、バンドを巻いてるのと巻いてないので同じ運動をしてみて、違いを体感する、というものでした。

運動歴などによってバンドの圧力を変えるそうです。
「何か運動はされてましたかー?」
いいえまったくさっぱりです!
「あ、そ、そうなんですねー。学生のころも?」
はい、まったくさっぱりです!
運動らしい運動は、小学校の頃にスポーツ少年団でバレーボールをやってたくらいでーすっ!

「・・・じゃ、低体力者ということで」

・・・ですよね(とうぜんです)。



左腕の上腕に加圧バンドを巻きます。
そこに機械で空気を入れる。
お、そこそこ圧がかかってるなー。

「はい、では両手をグーパーしてみましょう」

こんなのかるいかるーーい・・・






ぐ、ぐあっ!!!!
き、キツイ・・・・・・・・

ぬおっ!
もう左腕の色が変わってきて、血管浮き出てるっ!!!!
ひ、ひー、しびれてきたっ・・・も、もう筋肉き、キツイっす・・・・。

「最初はキツイですよねー。でも回数重ねていくうちに慣れますよー」


あ、そ、そうなんで・・すか・・・。


「はいー、ではダンベルを持っているような感じでグイグイっとやってみてくださいー。このとき筋肉を意識してみてくださいねー」


ひ、ひーーーーー、持ってないのにすげーキツイっ!!!
(ちなみに右手にはなんの負荷もないので、ただ腕を曲げたり伸ばしたりしてるだけなので筋肉には変化全くなし)


「はい、では次は肩を回しますー」

ぐ、ぐおーっ・・・


「はーい、では伸びをしてゆっくりと手をおろしていきますよー」


あ、あふぅぅぅぅぅぅ・・・・




・・・わずか10分程度。

低体力者(苦笑)の私には初回はこんなもんなんでしょうねぇ。
でも実際、こういう運動レベルらしいんですよね、加圧トレーニング。
何も巻いてない右腕は、正直いうと「単なる体操レベル」です。
でも左腕は・・・・ものすごい運動をしたかのような状態。

で、バンドを外してみます。

「じゃ腕まわりを測ってみますねー」
(運動前に一応測ってある)


う、うおーっ!
わずか10分で1.5cmも太くなった!!!!!
これは感激!!!!



で、いろいろと話を聞きまして。
まぁ通常は週に1回、月5回程度に30分弱ですね、と。
私の場合は肩こりなんかもありますし、首と肩と腕を重点的に鍛えましょう、と。
血行もよくなってきて、頚椎ヘルニアとか頚椎変形とかの異常を抑えられるかも、だそうです。

で、首がいたい場合人は当然腰も悪い(笑)でしょうから、ということで、腹筋と背筋も鍛えていくのがいいと思いますが、何分「低体力者」ですからいきなりやらずにゆっくりやっていきましょう、と(笑)。

だいたい3週間くらいで目に見えて違いがはっきり分かると思います、との事。
腕は見える箇所ですしね。
男性の場合は大胸筋なんかもその後に鍛えたくなるみたいで、いずれやりながらそこは相談していきましょう、という事。


マンツーマンで指導してくれるし、加圧トレーニングは自宅で自己流では絶対にいけない(そりゃそうだ!こんなの自己流でやってたら筋肉というか、腕が壊死してしまうぞ)という事のようでした。
マンツーマンで、週に1回、30分程度の運動。
これで月5回1万円。


帰宅して奥様に直談判。
小遣い減らしていいからこれをやらしてくれっ!!!!


・・・家計でもってくれる事になりました(感涙)。
妻よありがとう!!!
ってか奥様もやりましょう、一緒に!
その分くらい稼いでくるでー!



そして今朝起きてみて、確かに腕の筋肉はちょっと昨日よりは小さくなっていました(一回程度では持続せず、これを繰り返すことで、定着していくそうです)が、左の腕、肩、首の痛みがだいぶ軽減されていました(むしろ右がいたい)。



まとめますと、加圧トレーニングは私向き(笑)!
ただ、なめてかかると「こ、こんなにキツイとは・・・」というトレーニングなんで、それなりに決意は必要っす・・・。
(お金もそこそこかかりますし)


あと、継続する事が大事なんですよね、こういうトレーニングは。
週に一回程度なら持続できるなー。
ここは土曜日もやっているので、私でも時間の都合はなんとか作れそうです。

そんなわけで、引き続き加圧トレーニング、続けていこうと思いますっ!
posted by ぎじん at 10:24| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

物欲


昨日は物欲デーでした(笑)
二つのモノについて、物欲が燃えまくっております。

まずひとつは「キーボード」。
パソコンのインタフェースとしての「キーボード」です(鍵盤楽器じゃないよ)。
このキーボード熱が再燃しております。

実は以前、REALFORCEが非常に気になって、結局購入したんですよ。
で、職場では非常に満足しとりました。
自宅はiMacとMacBookProだったんで、iMac向けに「HHK2」を購入(廉価版ね)。
あれはあれで打ちやすくてよかったんです。
でも最近は(USBポートの問題とかもあって)ついてきた普通のモデルをつかっとります。

ところが。
おさまったはずのキーボード熱が再燃してきました。
すべてはiPadのせいなんです(笑)。

iPadのソフトウェアキーボードだと、実は会議の議事録をとるのに非常に苦労することがわかりました。
客先での議事録をひたすらタイピングしてみたのですが、やはり顔を画面から外してみたりすると、うまくタイピング出来てなかったり。
そこで、外付けのBluetoothキーボードを購入しました。
Appleの純正キーボード。
しかも「US」(笑)。

キーボードには「JIS」と「US」の二種類(もちろん例外は「たくさん」あります)がありまして。
普通の家電量販店で購入したPCやMacは、日本国内では標準的に「JIS」キーボードがついてきます。
スペースキーのとなりに「カナ」とか「英数」とかあるやつですね。

私はずーーーーっとこのJISキーボードを使ってきていたので、職場でも自宅でも(まぁPCとMacの違いはあるにせよ)、あまり違和感なくつかっていたのです。

ところが、何をトチ狂ったのか、USキーボードを購入してしまいました。
最初は違和感ありあり。
@や「」、()、:といった記号の位置もすべて違う(Shiftキーが必要なものもある)。
なんて使いにくいんだろうなぁ、とその時は思っていました。

ところが、ふと気づきます。

「あれ?ホームポジションからあまり手を離さなくてもいいみたい・・・」

そう。
慣れてくると非常に「打ちやすい」のは実はUSキーボードの方だったんですよ!!!
Enterキーの大きさが違うのですが、右手の小指が確定の際に「遠くへ」伸ばさなくてもよい。
しかも記号の位置も慣れてしまえば非常に使いやすいんです。
iPadで文字入力するのがすごく楽になりました。
これはもちろんハードウェアキーボードだから、というのもありますが、それだけではなく「US」だから、というのもあるのかも、と思い始めてきました。

で、職場に出てきてREALFORCEを使ってみたら!!!!
キータッチは非常に、非常によいんですけれど・・・打ちにくい・・・。
キーの配列の問題だと思われます。
USキーボードよりもなんだか指がバタバタ動いてしまい、疲れるんです。
気づいたのは、漢字変換で確定するときの「Enter」の押下。
その都度、右手が「よいしょっ!」と遠くのEnterキーに向かって動くんです。
右の小指が長文を打っていくにしたがって疲れてくる!!!

ぐあーっ、USキーボードの方がよくね????

ということで、急にキーボード難民に逆戻りです。
ひとまず自宅のMacはAppleのUSキーボードに切り替えようかな、と画策中。
ただなぁ、MacBookProがJISだったからなぁ・・・外付けで買うか・・・。

であと一番問題なのはやっぱり職場のキーボードでしょうか。
REALFORCE、大好きなタッチなんですが、JISなんだよなぁ・・・。
やっぱりUSキーボードに買い換えようか・・・でもREALFORCEで買いなおしたら・・・諭吉さんが飛んでいく・・・。
FILCOかなぁ。
茶軸とか買っちゃおうかなぁ・・・。

とかまぁいろいろ考えるわけですよ(苦笑)。

ヤフオクで買う、っていうのも手だな。

うーんうーんうーん・・・。

物欲その2。
「ヘッドフォン」です。

実はこれも私の中では「解決」したはずの問題だったんですよ。
SHUREのSE210という、カナル型イヤフォンを使っています。
解像度も高く、ちょっと低域が弱いかな?という嫌いはあるにせよ、分離のはっきりした、聴きやすいものです。
他と比較すればいろいろあるのかも?ですが、これまで使っていたSONYだったりaudio-technicaだったりVictorだったりのものと比べても、SHUREは(個人的に)圧倒的な音質だったんです。

今でも満足していて、別にこのままでもいいよな、と思っておりました。

ところが。

外耳炎になりまして・・・。
カナル型を耳に入れられないんですよ(苦笑)。
カナル型がダメ、ということになりますと、これまたヘッドフォンで悩む事になりそうです。

ということで「イヤフォン」というよりも「ヘッドフォン」という感覚になるわけで、そうなるといろいろと考えないといけないことがでてきます。

遮音性
携帯性
音質
価格

うーん、悩みどころ満載ですよねぇ。

で、試聴できる場所もないわけで、ある程度予測ができるものを買うことになるわけです。
そこで候補としてでてきたのがSHUREです。

SHUREがヘッドフォン出してるのは知らなかったんですよ。
てっきりカナル型しか出してないのかなぁ、と思っていたもので、まったくチェックしてませんでした。

で、いろいろ見て見るとSHR840とかいうものがよさそうな感じです。
価格も2万円弱という感覚。
高いことは高いんですが、高額ヘッドフォンなんてもっととんでもない金額だったりしますからね。


以上、物欲な話題だったわけですが、そもそもこうした話の前提条件は「金がない」ということから始まるわけでwww
金があったら買ってますからね、こんなところで書かないでwww

金がないから買えない、という状況において、「うーんうーんうーん」っていう悩みは実はあまり意味ない悩みかもwww

posted by ぎじん at 06:42| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

頚椎変形と頚椎ヘルニア

うーん、よもや自分がこんな病気になるとは思いもよらなかった。
頚椎変形ならびに頚椎ヘルニア。
頚椎ヘルニアは実は前からあるといわれていたんだよね。
ただかなり進んでいたし、なにより首が「く」の字になっているのには驚いた。
ちょうど首が真ん中から折れてるような。
いずれにしても、おそらく学生の頃に交通事故を経験していたり、高校時代に左橈骨神経麻痺になったりした事を思い出せば、まぁこういう状態になっていたからといって、そんなに驚きはなかったんですよ。
むしろ「あー、そういうことだったのねー!」という、納得とか安堵に似た感情というか。
事の発端は、先週土曜から感じていた風邪の症状。
喉が痛くって、日曜日もその状態。
具合悪いなぁ、とおもいながら月曜は仕事。
ちょっと面倒な、そして重要な仕事だったんだけど、なんとかこなして自宅に帰ったら高熱。
あちゃー、と翌日病院へ行き、抗生物質を出してもらい、一日寝て。
で、翌朝。
激しい左腕の痛みと首の痛みで目が覚める。
寝違えるのとも違う、不思議な痛み。
そのうち左腕が痺れてきて、左手の動き全体がおかしいんですよ。
なんか変だなぁ、と思いつつ、左腕はともかくとしてこの首の痛みは昔からだったしなぁ、と思って放置。

翌朝も痛いんです。
風邪の症状もよくないといいつつ、ちょっと痛いよなぁ。
いつもならこのくらいだと湿布貼って数日おくんですが、なんとなく嫌な予感がして、整形外科に行くことにしました。
ベトプロコンマス(彼は整形外科医)が以前すすめてくれた某整形外科へ。
混んでるのは混んでるんですけど、なんとなく「今日はちゃんと見てもらわないと」と思ったんです。


実は数年前に別な整形外科医で見てもらって、その時はレントゲンもとったんですが「頚椎のヘルニアだと思うんですが、今は圧迫してないようだし、つかれると圧迫してる」みたいな不思議な所見だったんで、整形外科そのものはあまり信用してないんですよね(苦笑)。


で、その時の話を彼にしたら「いや、XXにいってみたらいいよ」と言ってたのを思い出して。




・・・・先生が私の姿勢を見るなり「んんっ!??」と。
私の話を聞きながら、両腕の筋力をチェックしだして・・・「左腕の筋力低下が出てるな・・・」

レントゲンだけでなくMRIもとりましょう、という事になってまた一時間。



レントゲンとMRIの画像をみている先生のところへやってきた私。
自分のと思われる横からのレントゲン画像をみてびっくり!
ストレートネックなのはそのとおりなんですけれど、なんと首が途中で「ぽきっ」と折れてる!!!!
逆「く」の字状態。
頭の重さで前に「ぽきっ」と。
そう見えたんですよ。

これが「頚椎変形」だそうです。
さらに、別な箇所で頚椎ヘルニアも(やっぱり)あるとの事。

こんなひどいのは・・・と先生も何度も何度も仰られてました。
慢性的な肩こりがあったはず(そのとおり!)で、それもおそらく尋常じゃなかったはずだ、と。
確かに私の肩こりは肩が盛り上がってくるんですよ。
傍目に見てても体型が変わってみえるような。
同じ姿勢をずっととっていられない。
あぁ、確かに落ち着きないように見えるんだろうなぁ。
まさにこれです。
ただこるだけでなく、ツッパって激しく痛みが出ます。
でも肩こりってそういうもんだと思ってたんですけれどねぇ。
それによって目の焦点がぼけてきて見えなくなるとか、右手とか左手の動きが鈍くなるとか。
みんなそうだと思ってたのに(どうやら違うらしい)。

そういえば高校の時に左撓骨神経麻痺になって左腕が動かなくなったこともありました。
当時は原因不明、という事でしたが、今にしておもえばあの時から首はおかしかったんだなぁ・・・。


このままいってれば手が動かなくなるかも、というところだったようですが、今の状態ならとりあえず手術はしない方向で治療だそうです。
薬の投与と理学療法によって一ヶ月様子をみる、との事。

で、先生曰く。
「仕事してて、肩がこってきたなぁ、と思ったら仕事をやめて家に帰って寝てください!」

できるかいっ!!!!!!

とはいえそういう状況なんですよ、という事を伝えたかったのでしょうね、先生は。


そんなに簡単にこちらの状況に仕事があわせてくれるわけもなく。
仕事の量が増え気味でしたから、逆にペースを少し考えてくれるかもしれないですね、今後(ととりあえずここに書いておく)。



とりあえずこれから数カ月は楽器もおやすみ。
指揮もおやすみ。
症状が落ち着くまでは極力おとなしくしておきます。
医師の指示に従うしか手はないので。

で、リハビリをしていきながら、冬のベトプロに向けて頑張っていきたいな、という思いはありますが、まぁ無理はしません。


もしかしたら楽器がこのまま出来ないんじゃないか?という不安もあるにはあるのですが、むしろ「休め」と言ってくれてるのかな、とも思ったんですよね。
気楽に考えて、とりあえずなってしまったもんはしょうがないんで、ひどくならないように、そして改善していくように気をつけながら、いつもと変わらずに生活していこうと思っております。


来週はまた東京出張もありますし、とにかく体が資本、という事で、明るく楽しく元気よく(半分空元気だったりもしますけどね)。
妻子の明るい笑顔が救いでございます。


ということで、しばらくは皆様に不義理します。
すみません!!!!
posted by ぎじん at 14:22| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

週末

週末終了。

先週はとにかく体調が悪かった・・・高熱だったり左肩〜首にかけての痛みだったり・・・。
そういう「嫌な」空気を払拭すべく、週末は割とアクティブに。
昨日は住宅展示会を見に行き、今日は小岩井農場まきば園へ。

で、小岩井に行って思ったのは「そうか、ここにも口蹄疫の影響は出てるのか」という事。
牛の乳搾り体験、シープ&ドッグショーは口蹄疫の観点からしばらく実施見送りとの事。
ただ乗馬は出来るようで、那音をポニーに乗せたり、トロ馬車に乗ってみたり、なかなか楽しかった。

自然とふれあう、っていうのは(つかれるけど)心地よいね。
いろんな事をスコーンと忘れて、楽しい週末だった。

さて楽しかった週末も終わり、若干疲れを残しつつも今週が始まるわけで。

仕事においては、月曜の夜からお客様をお迎えする。
そこで行きつけ(といってももう何年も顔見せてなかった)の「おいでやす」という店に電話。


・・・ん?

他の店につながる。
おかしいなぁ、という事で姉妹店の「なにわ」に電話。

なんと、「おいでやす」は昨年10月に「急遽閉店」したそうな!!!!
ものすごく思い出の多い店だったのに!!!!!

さらにショックなのは「女将さんはもう引退してしまった」という事!!!!!
あそこの女将さんが最高にいい人だったのに!!!!
あの大阪弁も聞けないのか・・・。

で、女将さんの弟さんがやられている姉妹店(というかもう今はそこ一店しかない)の方に行くことに。
ここの店の美味さは知っているので何も問題はないんだけれど、個人的には本当に残念。
本当に本当に残念。



仕事の方は実は裏でいろんな動きがあったりして、ちょっとここ一ヶ月くらいでいろんな面白い事が起きるかも。
ちょっと楽しみ。



プライベートというか、音楽活動の方は、粒オケのリアル演奏会に出られなくなってしまった(!)という事もあって意気消沈していたところだけれど、6/6に北上フィルさんの演奏会にお声がかかり、チャイコフスキーのロメオとジュリエット(2ndOb)で吹かせてもらうことに。
ゲネ本、というちょっと怖い状況だけれど、楽譜もらったらしっかりさらっておこう。
オーボエが重要(1stとのハーモニーとかバランスとか結構シビアです)な曲なので・・・。


あ、今週一番メインの催し物(?)は、やっぱり27日(多分)に到着すると思われる「iPad」だなー。
Wi-Fiモデル(16GB)。
楽しみ!本当に楽しみ!!!



夜にJobsの伝説のスピーチをYoutubeで見る。
うーん、気合はいるなぁ!

ということで、明日(日付変わったから「今日」か)もがんばりまーす!
posted by ぎじん at 00:28| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

出張

今日の午後から東京出張です。
午前に仕事したら昼の新幹線で東京へ。そのまま青山に移動して、流通システム標準化協議会の総会に出席。
懇親会を経て大森へ移動。明日は大森とか品川とかで仕事です。
そのままもう一泊して翌日もまた仕事。
おわってから盛岡に戻り、翌日は休みのはずが出社して資料作成。
そして金曜日はその資料をもって秋田出張。

GWは休める予定だったんですが、GW明けに別なクライアント向けに説明しなきゃいけない業務があり、その資料を作らないといけないので、どこかで2日程度は出社かな。

土曜は仕事でしたが、昨日は休みだったので家族でおでかけ。
奥様に誕生日プレゼントでデジタルフォトフレームを買ってあげました。
ってか6月末なんですけどね、奥様。
那音とは交通公園でブランコで遊んだり。
夜は一緒にお風呂入ったりしながら、遊びました。


で、昨日の朝からやたらに頭が痛くて、目眩もするんですよ。
寝ておきてみてもまだ痛みが残る。嫌な感じだなあ。
東京で行きつけの整体に行く事にしよう。
体がバキバキなんだよなあ。
筋トレ、ここ数日ちょっと休みになってるので、宿で頑張ろうかな。

ま、そんな月曜日w
posted by ぎじん at 08:02| 岩手 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

謹賀新年度

謹賀新年度!

2010年度が始まりました。
私にとっては、この四月に亡き父の生存日数を超えるという一大イベントが待っております。
そしてそこからはついに父という存在の重みから解き放たれます。
いや、逆に父のことがあったからここまで頑張ってこれたのかもしれません。
なので、これからの人生については、いろんな想いが渦巻いています。

仕事にしても、プライベートにしても、なかなか大変な年になる事はわかっていつつ、余裕を持って楽しんでいきたいなあ、とか。

まあそんなわけで、本年度もよろしくお願いいたします。
posted by ぎじん at 07:57| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

東京出張

--
<演奏会のお知らせ>
ベートーヴェン・プロジェクト第5回演奏会
日程:2010年3月7日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:都南文化会館大ホール(キャラホール)
曲目:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
   交響曲第5番「運命」
   (以上、ベートーヴェン作曲)
演奏:ベートーヴェン・プロジェクト・オーケストラ(指揮 佐藤義仁)
   ピアノ独奏 桜野杏里
入場無料(全席自由 整理券等はありませんので当日御気軽においでください)
--


おはようございます。
水曜から東京におります(出張)。
ものすごく暖かく、っていうか暑く(笑)・・・。

水曜は仕事終えてから川崎で大親友に会いました。
4月以来かぁ。
一時期毎日ガンガンメールやり取りしてましたが、最近は本当になんかのタイミングでちょっとやり取りする程度。
にも関わらず、全然距離感が変わってない事に驚き(笑)。
近すぎず、遠すぎず。
この距離感がすげー楽で、こっちも変に意識せず(もちろんあっちも「まったく」意識せず)になんでも話せてしまう恐ろしさ(笑)。

あ、女性なんですけどね、この人には全く女性を感じないというか(失礼この上ない)。
でもあっちもこっちを男性だとは全く見ていないし、ネタでそれっぽい話をしてみたら、あまりのありえなさに二人で店内で大爆笑。
ダメだこりゃ(笑)。

ということで健全にも22:00前には店を出て「お元気でー!」みたいな(笑)。
いやー、本当に楽しかったなー。

おかげで元気をいただきました。
またいつか機会を見て!!!
今度はさらなるスーパー人材投入という事で!!!


で、昨日は土浦でお仕事。
クライアント先を8:30に車で出て(プリウスに5人の男性!)、首都高通ってなかなか長い長いドライブ。
片道1時間半ですからねぇ。

で、現地で打ち合わせを行って、昼を食べた後、電車で帰ることに。
これがまた長い長い(苦笑)。
常磐線で土浦から上野へ行き、そこから京浜東北線で大森へ。
時間はこっちの方が短いんだろうけれど、盛岡〜東京の新幹線よりつかれた・・・。
ほとんど移動で終了、という日でした。

で、夜はTwitterで複数の方にオススメされたお蕎麦屋さんへ。
布恒更級、というお店。
ビールとおつまみを何品か頼んだのですが、もうなんというかすべて当たりまくり!
こ、これは一人じゃ勿体無いなぁ・・・。

で、あまりにも蕎麦が美味しそうな気がしてきて、飲みを中断してもうお蕎麦に移行。
(私は個人的に「お蕎麦とお酒の同時ってのは合わない」と思っているもんで・・・)
天もりだったんですけれど(天ぷらはタラの芽とフキノトウ)、もうね、なんというか次元が違う蕎麦でした。
盛岡も美味しい蕎麦店は多いけれど、ここの力強さ(つゆも相当辛い)に比べれば、全然盛岡の蕎麦は弱々しい(よく言えば「繊細」なんだが、挽き包みの蕎麦自体、盛岡ではほとんどみない)と思いました。
これは美味い!!!
コシが強い蕎麦でしたが、口の中でモグモグするのは無粋というもの。
3噛みくらいしてゴックン、とのどごしを楽しむ。
もうね、鼻から抜ける蕎麦の香りがたまらない!
あの辛めのつゆに全く負けない蕎麦!
ちょっとつけるだけで十分なんですが、蕎麦の風味を邪魔するどころか、辛さを感じさせなくなってそして蕎麦の甘みを引き出す、という感じ。
いやー、感激!

次回また行ってみたいな。
高いけど(笑)。


でもこれで、大森で行く店、川崎で行く店、がだいたい決まってきたなぁ。
次回はTwitterな皆様にも声をかけて飲みたいところです。


さて、今日は午前中オフ(まぁちょっと資料は作らなきゃいけないんだけど)なんで、池袋ヨーゼフを襲撃しておこうかな。
そして午後はメーカーへ。
ギリギリまで仕事したら新幹線で盛岡へ戻ります。
posted by ぎじん at 07:50| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

隙間に音楽を

いろいろ忙しくなってきたんですが、むしろこういう忙しい時って「脳が活性化」されてるのか、短い時間でいろんな事を工夫するようになるんですよね。
なので、実は忙しいながらもそれなりにいろんな作業が進んでいます。
ベトプロの方も、メンバー表確定しながらパンフレットの原稿作成もはじめています。

あと、今回のベトプロ演奏会では「指揮者によるプレトーク」を考えています。
これには二つの意図があります。

ひとつは「解釈(この言い方があまり好きじゃないんだけど)の補完」。
素人指揮者な私としては、本当は音楽だけでその意図を伝えられればいいのですけれど、決定的な技術が足りない事から、言葉で補完しないといけないな、と思っていて・・・。
あとは、有名曲だけれど曲の構造を改めてお話する事で、聞いてくださる方に少しでも楽しんでもらえるのではないか、という思いもあります。

もう一つの意図は「聴衆教育」。
いや、これはすごく上から目線な物言いなんで申し訳ないのですが、無料のコンサートという事で気軽に足を運んでもらいつつ、それでも帰ってもらった際に「いい演奏会だったねー」という感想だけでなく「あぁいう曲だったのか」とか「あんな演奏は気にくわない」とか「こういうポイントで聴けるのか」とかいう感じで、とにかく何か印象をもって帰ってほしいなぁ、と。

良いにしろ、悪いにしろ、印象深い演奏会が出来たらそれは「成功」だと思うんですよねぇ。
ただ「いい演奏会だった」で終わってしまうと、何も残らないし・・・。


ということで、その原稿なんかも少しずつ考えていこうかな、と思っています。
細切れの時間って探せば結構あるんですよね。



で、こういう時間のない時にも関わらず、ちゃんと音楽を聴いていたりする自分。
自分が指揮する曲は聞かないことにしているのですが、日曜の夜に行われたベルリン・フィルの演奏会(ネットで生中継)での皇帝はちゃんとスコア片手に(笑)見ました。
素晴らしい演奏!!!
ラトルはブレンデルと録音してるし、内田光子はザンデルリンクとも全集録音してるのですが、そのどちらとも全く違う演奏でした。
リズムは生き生きしていて表情豊かなのに、どこか落ち着いた風格があるというか・・・。
細かいところで実は処理に悩んでいた箇所にも、最適解を提示された印象があります。
そうか、そういうやり方があったのか、みたいな。
真似をするわけではないですが、解決策の方向性はちょっと参考にしてみようかな。
まぁやってみないと分からないのですが。
土曜日の夜の練習が皇帝なんで、そこでちょっと試します。



で、どういうわけか今朝からどうしてもショスタコーヴィチの交響曲第11番が聴きたくなった(笑)自分。
眠気覚ましに2楽章を大音量で!!!とか思って、起床して自分のCDラックを見て「これだ!」と選んだのが、ベルグルンド指揮によるボーンマス交響楽団の演奏。
実は一緒に入っている7番の方が超名演だと個人的に思ってるんですけれど、11番もなかなか。

私はショスタコーヴィチのあまり良い聞き手じゃないんですよ(自覚あり)。
どうしても政治的背景と切っても切れないところがあるじゃないですか。
そうした香りが出てくるか来ないか、という論議が出てくると、そもそもその曲の背景とかをすべて知った上で聞かなくちゃいけなくなって・・・。
なので本当の意味でのショスタコーヴィチ好きではないんですよね。

でも。
今日何気なく聞いたこの演奏、2楽章で不覚にも泣けてきてしまいました。
ショスタコーヴィチって4番のシンフォニーもそうなんだけれど、「ffで泣ける」という意味では希少な作曲家ですよね。
詳しい背景をしらなくても泣けてくる、という事は、曲そのものが持っている力がある、という事ですね。
そういう意味だと(誤解を恐れずに言えば)マーラー以上に曲の持っている力がありそうです。
ちょっと仕事やらなにやら落ち着いたら、ショスタコーヴィチを集中的に聞いてみようかな。

・・・そんな事を言いながらショスタコーヴィチの全集は2セット持ってる私ですけど(笑)・・・。



それから、借りていたアングレをようやく大阪に返却しました。
ありがとー!>まきちゃん
で、肝心の演奏だったんですが・・・録音が来たので、ここ数日ちょっと反省しております。
各方面よりいろいろお褒めの言葉をいただいたりしたのですが、冷静に分析すると反省点ばかり・・・。
・フレーズが短い
・音程が(全体的に)高め
・発音に難がある
んー、枚挙に暇がないんですけれど、とにもかくにも反省の多い演奏でした。
まぁ決定的に「練習不足」なんですね。


さて、そんな岩手大学管弦楽団さんのWebページをのぞいてみたら、今年のサマーコンサートは「中止」ということになっていました。
内情を(ちょっとだけなんだけれど)知っている身としては、この決断にいたるまで相当悩んだんだろうなぁ、と。
やるのは簡単なんですけどね。
今年は特に定期演奏会50回の節目と(おそらく勝手に周りから)期待されてしまうわけですし、いろいろ団体運営というのは難しいですね。

逆をいうと、1年間という長さでひとつの曲を頑張り抜く、というのはかなり大変な事でもあります。
テンションをどうもっていくのか、が運営側としても非常に難しく、ともすればなかなか全体的なやる気が上がらずに停滞したまま半年を過ごしてしまう可能性もありますよね。

今年の定期演奏会は客席から応援する立場ですが、なんとかこの一年頑張っていってほしいなぁ、と勝手に思っています。
がんばれー!



そんな私も粒オケ(2289oke)に向けてそろそろ稼働しないとなぁ。
まずはパート譜印刷かな。
というか、仕事のピークがそこに来ないように調整するという作業もあったり・・・。

まぁそんなわけでユルユルと頑張ってまいります。

posted by ぎじん at 12:19| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

特別な誕生日

ついに、この日がやってまいりました。

バレンタインデー。
すなわち、私の誕生日です。

そして・・・ついに35歳を迎えました。
私の人生にとって最も意味を持つ(今のところ)年齢。


私の父は、私が2歳半の時に、くも膜下出血で急逝しました。
5月に妹が生まれ、昭和52年9月1日に突然亡くなりました。
35歳。

父は人に厳しく自分にも厳しい人だったそうです。
それゆえ、職場でも人望厚く、父の葬儀は「社葬」という形になったほどでした。


父は子供の頃にやはり父に死なれ。
母と弟とは離れて親戚に預けられて育ったそうです。
中学を卒業して夜間の高校に通い、その学費などは自分が弁護士事務所に書生として住み込みで働いて稼いだそうです。

卒業後に就職し、その会社でバリバリ働いた父。
当時を知る人からも「とにかく凄い奴だった」と。

実はフルートも趣味で吹いていたらしく、それ以上にハマっていたのが社交ダンス。
協議会にも出る腕前だったそうで。

それでも「趣味と仕事のどちらをとるか」でかなり悩んだらしい。
このままだと自分は社交ダンスにのめりこんでしまう。
プロを目指すかきっぱり諦めるか・・・で、きっぱり諦めて仕事に邁進したそうです。
(協議会なんかにも出なくなり、練習すらしなくなった・・・凄い意志の持ち主です)

そんな父に転機が訪れたのは、母と出会ってから。
後でいろいろ聞くとどうも父の一目惚れだったらしく。
半ばストーカーじみた話も聞きましたが(笑)、かなり強引ながらも母とゴールイン。
母曰く「愛情は後からついてきた。最初はとにかく尊敬の念だったなぁ」。


そして私が生まれたのが、昭和50年2月14日。
今から35年前の話です。


父はたいそう子煩悩だったそうですが、あまり記憶はありません。
私が覚えているのは、父に怒られた事。
そして、救急車に乗った事と、洗面器に激しく嘔吐する父の姿です。


父は昭和52年9月1日、突然倒れました。
朝、普通に出勤した父は、電車の中で激しく不調を訴え、救急車を呼ぶようにお願いしたそうです。
そのまま倒れて病院へ搬送されました。

まだ小さかった妹(5月に生まれたばかり)を預けた母は、私と一緒に病院へ向かいます。
父はそこでは意識があり、なんだか母といろいろ話をしていた、そんな記憶があります。

その後、意識を失った父。
「この病院では手が施せない」と大きな病院へ搬送される時に乗った救急車。
この救急車の中の光景は、何故か覚えています。
うろ覚えなはずなのに、時々夢にまで出てくる事があります。
(そして夢の中ではやけにはっきりとした記憶だったりします)

そこから後の父の姿の記憶は、残念ながら私には残っていません。



父は結局そのまま帰らぬ人となりました。
今でいう「過労死」だったようです。

そしてこの事件の私の最後の記憶は、火葬場で泣き崩れる母の姿で終わっています。



母は「自分より先に寝た事がない」と今でも言いますが、とにかく父は勉強家で努力家だったようです。
仕事に関係する書物から、中国思想の本まで、たくさんの本を読んだ形跡があります。
それでも仕事で少しえらくなっても、部下よりも率先して現場に出て働いた、という話を当時同じ職場だった方々からよく聞かされました。


物心ついた頃から、父の話を聞かされて育った私。
(家族というよりも、周りの人達から)

父の姿がどんどん大きくなっていき、なにかにつけて私の前にはいつも見えない父がおりました。

何をしても超えられない父。


父の事は尊敬していますが、逆にそれが自分にとっての「枷」になっていたのも事実だと思っています。
無意識のうちに「父だったらどうしただろう」「父がいたらなんて言ってるだろう」と、見えない父の姿が自分の心の奥底に常にいる、そんな気がしていました。


そんな時、母が言ってくれた一言。
「なんだかんだいって、あの人は早く死んじゃったの。
だから、あんたは父さんより長生きしなさい。
そしたら父さんを超えた事になるんだから」




そして今日。
ついに父と同じ年齢になりました。


私の人生にとって、とてつもなく大きな意味を持つ一年が、ついに始まりました。


父を超えられますように。
その時、ようやく自分自身の心のどこかにひっかかっている父の姿から解放される、そんな気がします。


posted by ぎじん at 00:10| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

前向きにあるこう

相変わらずひとりでバタバタしているぎじんです。
仕事もバタバタ、プライベートもバタバタだったりしてひとりで頭の中が沸騰する日々です。

ただ、いろいろ日々発見があり、自分の中でも小さい事ですが、少しずつ前向きになってきました。
先日テレビでたまたま見たセリフに「後ろ向きには歩きにくい」というのがありました。
なんというか「うおっ!!!!!」と思いましたねぇ。

なぜ前向きに生きるのか。
「後ろ向きには歩きにくい」

見事な答え!
たしかになぁ。

ということで、前向きに行きます。

posted by ぎじん at 12:42| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

東京出張2日目(美肌・・・っていわれても)

気づけばもう2月に突入です。
いやー、なんだかいろいろやることばかりが見えてしまって、ちょっと沸騰しそうです・・・が、ちょっとした息抜きあんどホッコリできるモノを見つけたので、かなり肩の力は抜けました。

土曜はベトプロの練習でしたが、それについてはまた後で。
とりあえずは東京出張の話を終わらせて・・・。


東京出張2日目。

こっちは実は書く事があまりないんですよ。
仕事の打ち合わせや移動ばかりだったので。

朝ご飯は前日コンビニで買っておいたパン。
それを食べながらホテルで仕事してました。

チェックアウトして京急で顧客先へ。
そこでいろいろ打ち合わせ。
その中でどうしてもその日のうちに別メーカーに行って確認しなきゃいけない案件が出始めてきたので、新幹線の時間を遅らせる事に。
(せっかく「えきねっと」で安いチケットとってたのに、正規の金額で購入するハメに・・・いや、まぁ仕方ないのです)

昼はカレーうどん。
若鯱家?とかいう、名古屋では名の知れたチェーン店だそうですね。
すげーーーー美味かった!
口当たりは柔らかいのに、ちゃんとスパイシーな風味が後から来るスープ。
うどんはしっかりモッチリした感触でした。
美味ー。

午後も打ち合わせを行って、その後都内を移動。
ちょっとした行き違いで上野から一旦戻ったりしつつ、またまたメーカーで打ち合わせ。

打ち合わせ後に時間が出来たので、新幹線の時間に間に合うように品川のマッサージ店で全身マッサージ。
前回行ってみたところ、身体の調子がだいたい2週間くらいとても良い状態を保てる(笑)んで、次回も絶対行こう、と心に決めていたところです。

で、さっそく全身マッサージ。
これがまぁ気持ちよかった!!!!
フットマッサージもしてもらい、激しく痛かったりもするのですが、かなり疲れが取れました。

ちなみに担当してくださった方(男性です)が
「佐藤さん、足きれーですねー!!!!!私が今までやった男性の中で、ずば抜けてきれいです!!!!ちょっとびっくりです」
と突然おっしゃって(笑)。

私は体毛が全体的に薄い(頭髪もやばくなってきたという噂もあるけども)んで、余計にそういう風に見えるのかもしれません。
高校の時には腕まくりしてたら部活の子に「女性に対する挑戦だっ!!!!」とすげー睨まれた(苦笑)事もあったり・・・。

でも、男性なのに体毛が薄い、というのはですねぇ、なかなか恥ずかしいんですよ。
色白で毛が薄いもんで、中学以降は短パンを履くのが嫌だったし、半袖を着るのも嫌だったんです。
それもあって余計外にでないもんだから「もやしっ子」に拍車がかかり(苦笑)・・・。

なので、肌だけは(紫外線にあたる量も少ないことから)綺麗なようで、奥様にも「男性でその年齢でその肌はありえない」といわれます。
でもあまり嬉しくないんだよなぁ(苦笑)・・・。

今でもポロシャツ以外の半袖ってほとんど着ないんですよねぇ。
職場用のシャツはすべて長袖(夏でも長袖です、私は)だし。
そもそも考えてみたら家で着る服に「ゆるーい」「楽な」ものがないんですよ・・・ジャージが一着も無い・・・。


あ、なんの話でしたっけ(笑)。


まぁそんなわけで、ちょっと気恥ずかしくなってしまったマッサージなのでした。


新幹線に乗って盛岡についたらまー寒い!!!!
冷麺食って帰ろう、とかいう幻想は吹っ飛び、寒すぎて陳麻家の担々麺を食べて帰りましたとさ(笑)。
posted by ぎじん at 12:52| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

東京出張一日目 アバターとイタリアン

以下は東京出張帰りの新幹線車内で書いた内容です。


予定では2日目はもう少し楽になって帰る予定だったんですが、結局2日目が一番ハードになったとかいう話も。

(結局はやての最終だったし・・・22:30か・・・ちなみに本当の最終(やまびこ)は23:30に盛岡に着く)


で、仕事の話はさておき、仕事以外の時間をどう過ごしたか、についてのレポートをば。


初日は打ち合わせが予定より早く終わって、なんと結局17:00くらいには宿にチェックイン出来ました。
川崎の「ピリカスタイル」というところに宿泊したのですが、とても過ごしやすい部屋で、次回もまたそこにしようかな、とか。
素泊まりなんで食事は別途頼まなきゃ、なんですけどね。


それで、川崎にきたからには映画をみなきゃ(笑)、と一念発起し、話題のアバターを見ることに。
なにしろラゾーナ川崎にある109はIMAXでみられます。
日本で4箇所しかないんだそうですよ、IMAX。


ほぼ満席の映画館の中、端っこの席をなんとか取れて、3Dメガネも準備OK!
という時に、会社から電話(笑)。
一旦切って慌ててメール。
でも急ぎじゃないという事なので翌朝にその話は持ち越しにしました。


ということでいよいよ上映開始っ!


・・・すげー・・・。
3Dの映画ってもっとチープな印象だったんですけれど、あそこまで美しい映像を3Dで見せられると、もう普通の映像では感動できなくなっちゃうかも???というくらいのすごさでした。
ストーリーは正直「まぁよくある内容だよね」と思ったし、結末もまぁある程度予想できた内容でした。
でもその割と陳腐な(失礼)ストーリーに訴求力を持たせるのは、なんといっても映像の美しさ。
その迫力は完全に人間の五感に訴えかけてくるので、難しい事を考えずにただただ「体感」する映画だと思いました。
CGと現実の区別もつかなくなってますが、それ以上に3Dの奥行とかを見ていると、完全に自分が別世界に引き込まれているのに気づきます。
「映画の新時代」っていう話が出てきてますけど、確かにこれだけのものを見せられると・・・。


逆に、あれをDVDとかブルーレイで購入しても、自宅でみたらきっと面白さ半減なんだろうなぁ。
とはいいつつも、すごい映像であることは確かなので(戦いの場面なんかは身震いするほど興奮しちゃいました>単純)、是非映画館で体験してみてください(できれば3Dで)。


で、すっかり盛り上がってしまった私は、ちょっと奮発して以前行ったことのあるイタリアンレストランへ。
川崎のラ・チッタデッラの中にあるイル・パッチォコーネ・ディ・チアンティ(でいいのかな)というお店。
高いんですけど(苦笑)、本当に美味しかったんです、前回。


で今回はかなり奮発して、ビールに生ハム(激ウマ)、パスタ、肉料理(ソーセージ)、ワイン3杯、デザートにコーヒー、そして食後酒までいただきました。
金額はおいておいて(苦笑)、アバターも含めて完全に「非日常」を楽しめました。


ちなみにこの食事の模様はTwitterで実況中継しながらでした(笑)。
料理の写真付きでつぶやきまくったら、いろんな人達から反応いただいて、とても楽しかったです。
これなら一人飲みも寂しくないねー(笑)。


ワインについては全く詳しくないのですが、ギャルソンの方がいろいろ声をかけてくださるので思い切って聞いてみたら、これがドンピシャ当たりでした!
最初に出たハウスワインのグラスはエビのトマトソースパスタにとてもマッチした(軽めですっきりした印象)ものだったし、次にソーセージが出るまでのつなぎで出してくれたワインが、ちょっと重みのあるフルーティで香りの強いワインでした。
これがパンにとってもよく合っていて(パンも「ワイン向け」のものを出してくれました)、これまたペース早めで飲んじゃいました。
でソーセージとともに出てきたのが「ブルゾン」というもので、この店でしか扱っていないイタリアワインとの事。
さっきより重さはゆるんだんですが、後口が「ビターチョコ」のような後口(!)。
本当に美味しかったなぁ・・・また飲みたい、あのブルゾンっていうワイン。
このソーセージも絶品でした。
ハーブの香りが強いのですが、しっかりとした味、肉汁の旨みもあって、食べ応えのあるサイズ!
ジューシーでちょっとだけクセのある感覚は、これまたクセのあるワインにぴったり!


で、食後にエスプレッソをバニラアイスにかけるデザートとエスプレッソをいただいていたら、ギャルソンの方が少しお話をしてくれました(というか私は最後の客だった)。


こちらのお店は新潟の上越が本店である事。
季節によっておすすめメニューがかわり、もう少しすると新潟の新鮮な魚介を使った料理が出てくるとの事。
(魚好きな私にはたまらない情報です・・・こういうレストランでは肉か魚だと魚を頼む事が多いので)
従業員は研修で何年かイタリアに行くそうで、今回のブルゾンというワインも、イタリアに研修で行っている人たちが見つけたもの(で、このレストランが専属契約で日本に持ってきているそうです)。


そして最後に「これは私から」ということで食後酒を一杯おごっていただきました。
リモンチェッロ、というもので、レモンピールをウォッカにつけた、少し強いお酒。
イタリアでは脂っこいものを食べた後にこうしたスッキリする食後酒を飲むそうで、割とスタンダードなんだそうです。
自家製という事でしたが、イタリアンレストランでは割とメジャーなんだそうですね。
(イタリアンレストランでコースを頼んだりすることがなかったので私は新鮮でした)


これがまた美味い(笑)!
でもって効く(笑)!!!!!
(ホテルに着いてからそのまま寝落ちしちゃったのは内緒の話)


いやー、本当に美味しかった!
また川崎に泊まったら、再訪します、必ず!!!!
高い(結局今回は8000円くらい払ってる)のはそうなんですけど、まぁここまでしっかり頼まなきゃいいだけなんで(笑)。
でも8000円払った以上に楽しめました。


まさに「当たり」というやつでして、なんだかいろんな疲れも昨日のアバター&食事でぜーんぶぶっとびました!
いやー、本当に楽しい夜を過ごせました。


ありがとう川崎!!!!!


ということで、寝落ちしてしまった為、iPadの発表をリアルで見れなかったとかいう話もあったり(笑)。


・・・2日目に続く・・・多分・・・。

posted by ぎじん at 07:53| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

東京出張と時間の使い方

東京出張です。
いまは盛岡駅南口、ドトール。
川崎泊りですー。

仕事の都合にもよりますが、川崎でアバター見たいなあ。

明日は仕事して盛岡に戻るんですが、金曜の顧客打ち合わせのためにそのまま出社して夜中まで仕事。
金曜は丸一日顧客先で打ち合わせ。

土曜はようやく休みですが、日曜は仕事です。

時間を作ることの難しさを痛感する日々ですが、忙しい時こそ時間の使い方が上手くなるチャンスだよなあ、とか思ったり。

一番大事で一番時間が読めないのが家族の時間。
前はこの時間のためにいろいろなことが後回しになってしまってイライラしてた事も多かったんですが、逆に今は、この時間を大事にしつつ、細切れの時間でいろんな事が出来るような工夫をするようになりました。

そういう工夫を以前は全くやらなくて、俺には家族がいて家族が一番だから出来るわけが無い、と考えていたんですよね。
それがイライラにつながるし、仕事や他の事、ついには家族の時間にまで影響するようになりました。

今は「あれもこれも、こうやっていこう、」と考えて、実行出来るようになったというのがとても進歩だな、と。
いい意味で集中してきているような気がします。

ちなみにこの話の大前提は、家族の協力。
特に奥様の協力あっての事。
本当に妻には感謝です。
ありがとう。


さ、仕事の資料みておこうっと。

posted by ぎじん at 08:41| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。