2010年11月29日

IS03実機さわってみた

えーと、前回のエントリ(土曜日)の後、実機をauショップで触ってきましたのでその報告。
一応私はiPhone使ってる人だったり、Appleへの肩入れもあるので、多少割り引いて読んでくださいwww

某ショップへ行きまして、実機がある事を確認(オレンジ)。
画面もそこそこ大きいし、なんかいい感じですね、見た目。

さて動かしてみよう・・・と思ったら、スリープからの復帰ボタンがどれなのかがわからずwww
とりあえずなんか適当にいろんな周りのボタンを触ってたら、画面表示されました(結局どれがスリープ解除?)。

画面にある鍵のアイコンを指で南京錠アイコンに近づけると「ブルッ」というバイブとともにホーム画面へ。

・・・他のAndroidを知らないのでなんとも言えませんが、見た目は綺麗。
液晶も見やすいですね(ちなみに私の比較対象物は手持ちのiPhone3GS)。

で、実際に触ってみましたが・・・ちょっと反応が鈍い???
もしかして裏でいろんなアプリが動いてるのかな?とも思いましたが、それほどでもなく。
うーん、なんかちょっとだけ「ぬるっ」とした動きが、微妙にストレスに感じる日が来るのかも。
画面切り替えとかも、動作後に後追いで動く、みたいに見えるなぁ。

メモ帳(っていうの?)を起動。
実際に文字入力してみました。

一応フリック、いけます。
微妙にフォントとかサイズがiPhoneと違うのですが、まぁ反応もそこそこ良いですね。
ただ、変換が微妙に分かりにくかった。
携帯の予測変換みたいな感じで、テンキー表示のすぐ上に出てくるのですが、これが微妙に使いにくい。
どこまでが「変換候補」なのか、なんか直感的に分かりにくかったり。

自分のものとしていろいろ使い込めば慣れるのかなぁ。
ファーストタッチとしては、個人的にはちょっと使いにくい。
携帯のフォントで出るからなのかもなぁ。
フォントの綺麗さはiPhoneの方がいいかな、と思いましたがこれはきっと私がガラケーフォントをあまり好きじゃないことにも起因してるかな。
いわゆるガラケーが好きな人には違和感なく受け入れられるのかもしれません。

写真アプリについては、実際に写真とってみましたが、綺麗にとれますね。
なんというか「携帯カメラ」のアップグレード版みたいなw
とれた写真をワイプすることも出来ました。
ただ、縦横に端末を傾けても、写真が縦横に変化するのにタイムラグが。
(最初は「あれ?横にしても変わらないの???」って思って、何度か繰り返した)
たまたまそうなのかなぁ。
機種再起動してみればもう少し大丈夫?
ちょっとこのあたりはわからないけれど、店頭デモとして見たときには「遅い・・・」って思いましたね。

iPhoneが「Mac→スマートフォン」という流れなのにたいして、IS03は「携帯→スマートフォン」という、進化の違いを見た感じですね。
携帯できるMacなのか、何でもできる携帯なのか。
私はそもそも携帯をカチャカチャいじるのが不得手(未だに携帯メールって苦手・・・)という事もありますし、なによりモバイルSuicaとかお財布ケータイみたいな使い方をしていないというのもあって(写メだってほとんどしなかった)、携帯から流れてきた今回のIS03には違和感大きかったです。

そう考えれば私にとってはiPhoneの方がいいわけですが、最大の弱点「電波」が改善されるかどうか、が問題だよなぁ・・・。

で、買うか買わないか・・・うーん・・・・うーん・・・うーん・・・もう少し様子をみようかな、というのが結局結論www
Androidはアプリでももっともっと使い勝手は化けるだろうし。
IS03は(IS01やIS02があるとしても)au初の本格的スマートフォン、という位置づけなんで、逆に今回のものを経て、後継機器がどうなっていくか、を見てみたい気も。

Androidも持っておきたいなぁ、という物欲は未だにありますが、まぁ来春に2.2にアップグレードするらしいので、それを見てから判断、かなー、というのが取り急ぎ今の結論でございました。

# あくまで私個人の、それも10分触った程度の評価ですので、
# これが正しい評価とは思わないでくださいね。
# 手持ちにしてチューンナップしたら化けそうな気もするのだ
# けれど、ひとまずは今の評価はこんなところ、という話。
posted by ぎじん at 20:24| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171181203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。