2010年09月03日

オケ復帰

日曜は北上フィルさんの練習でした。
妻も今回はヴァイオリンで参加なんで、久しぶりの夫婦でのオケ参加(奏者という意味で)。
私が指揮をして、というのはそこそこあるんですけどね。
お互い奏者で、というのは久しぶりでした。


曲は以下の通り。
・イーゴリ公序曲(ボロディン)
・ピアノ協奏曲第2番(ラフマニノフ)
・交響曲第3番「英雄」(ベートーヴェン)

イーゴリ公のみ1アシで、残りは2ndです。

しかもこの日の練習は「指揮者練習」。
オケ(というか楽器)復帰がいきなりこれってのもなぁ(笑)。

早めに会場に到着して、楽器を出してパラパラと。
曲順での練習らしいのですが、なんとイーゴリ公の本吹きな方はお休みとの事(本当にお忙しい方なんです・・・)。

で、急遽私が1stをふくことになりました。
ってか久しぶりにチューニングのAで緊張しましたーwww

さてイーゴリ公ですが、これがなかなか厄介な曲。
メロディはとても美しく、さすがボロディンというべき佳曲なんですが、二拍三連のまぁ取りにくい事!
もっとオケ全体が安定してくればいいのですが、まだそこまでは余裕が無いので、管と弦のリズムの感じ方に差がある感じですね。
オーボエは一箇所ソロっぽいところがありますが、まぁそこはあまり難しくなく、むしろ他のパートと一緒にやるところが結構難しい。
ってか主部に入って出てきた最初ののテーマでタンギングがうまくいかない(笑)。
要練習だなぁ。

次にラフマニノフ。
えーと、個人的にはこれが一番やばいです。
落ちまくったんですけど、ちゃんとスコア読んでない自分が悪いんです。
まさか1stと2ndが「かけあい」になってるとは思わなくって(苦笑)。
ちゃんと次回までに勉強しときます。

そしてメインのエロイカ。
オーソドックスなテンポ(2楽章は2拍子を意識して、という事なのでちょっとだけ速め)。
ベーレンライターも参考にしつつ、ブライトコップフ旧版。
(本当はベーレンライターでやりたいそうな)
なにしろこの曲は指揮しましたからね(一応1stも吹いた事ある)。
2ndがどんな人たちと一緒で、どこで出てくればいいか、とかポイントはいろいろ。
おかげでとっても(一人だけ)楽しく練習できました。
いやー、いい曲だなー。


で、心配していた体調は問題なし!
首も肩も痛くないし、呼吸も安定。
加圧トレーニングと、最近息子と遊びつつ1時間以上プールで泳ぐようになった事で、かなり体調はいいっす。
やっぱり健康って大事だなー。


ちょっと他にも声がかかっているオケもあり(な○はげ)、前向きに検討中です。
悲愴も代吹きでずっと1st吹いてた曲だし、ラフマニノフは今回で勉強出来るしwww
悲劇的序曲だけがちょっと・・・ですけどね。
ま、パート割がどうなるか、そもそも受けるのかどうか、という話もありますけどね(妻と一緒に誘われていて非常に大助かり)。


まぁ指揮もあるんでオーボエのみ、というわけにはいかないですけれど、やっぱりオーボエはいいなー。

9/11には東京都内某所でTwitterオケ(通称「粒オケ」)のスピンオフ企画である、オーボエ奏者による「HINKEなう!!!」という演奏会の準備オフ会が行われたり。
相変わらず企画は岩手から、というのがまぁくだらないのですけれどwww
posted by ぎじん at 09:54| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーボエ練習&演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。