2009年11月29日

週末(オーボエレッスンと免許紛失、そして合奏無し)

昨日は東京交響楽団の首席オーボエ奏者、池田肇(はじめ)さんが盛岡にいらっしゃって、レッスンでした。
日中は高校生相手のレッスンだったそうです。

で、私は夜枠で。
アングレとオーボエについてのレッスン。
私自身のレッスンは「奏法にあまり問題ない」という事(笑)だったのですが、いろいろアドバイス(曲に関する)をいただきました。
すごく有意義な時間!
他の方のレッスンも聴きながら、いろいろ参考になる部分がたくさんありました。
オーボエに水がたまりやすいところは、息の圧力なんかで少しタンポが浮いてしまっている可能性が高い、という話とか。
(そこのネジを調整する事でとたんに楽器の発音やら全体の響きなんかが急にびしっと決まるのが面白い発見だったなぁ)


で、そのまま飲み会。
私は帰ってから仕事する予定があったのでノンアルコールで。
2:00まで飲んだわけですが、家に帰ってみたら「免許が無い!」事に気付いちゃって!
最後の店に電話したら「あります!」と。
(免許には電話番号かいてないもんなぁ)
とはいえ、不携帯で車で大通りに戻るわけにもいかず、自宅を出てタクシーを拾って大通りへ。
帰りもタクシーで帰ったくらいにして。
飲み代、レッスン代も合わせると・・・いやいや、いい思いをさせてもらったんだからそれでよしとしましょう!


で、今日の午後はベトプロ初練習・・・だったのですが・・・人が集まりませんでした。
うちの奥様とViolaの友人、それにホルンが3名。
結局個人練習の時間(ホルンはパート練習してました)。
それにしても相変わらずホルンはすげーなー。
皇帝と運命を一通り吹き終えた後なのに、ちょっとした話題に上った7番のシンフォニーや新世界の4楽章とかもバリバリ吹き捲くって、その後ホルンアンサンブルの練習!
いや、ホルンの人たちってすごい!


私は結局自分のオーボエの練習。
アングレについても新世界のソロを練習してたら奥様に「劇的に変わった!昨日のレッスンは一体何があったの???」と。
いや、特にないのだけれどなぁ、とか思いつつ、やっぱりちょっとした事でそんなに変わって聴こえるんだなぁ、と驚いた次第。

やっぱりオーボエはちゃんとした人に習わないと駄目ですね。


ということで異常に寝不足な感覚ですが、明日は朝からそのまま会社泊まって徹夜(あ、でも仮眠の時間は取れる)で作業です。
翌日もそのまま仕事かなぁ・・・。

仕事は忙しいわけですが、それでもこの週末(寝不足だけれど)すごく心が充実した日々となりました。
posted by ぎじん at 22:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーボエ練習&演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。